解説 ヤフーのID削除 その2

カテゴリー:ヤフー 投稿日:

やっと本題に入りましたが、ヤフーIDを削除されると
共通に管理されているヤフーのフリーアドレスのIDも削除されることになります。
すると、当然、ヤフーのアドレスのIDとパスワードが無効になり、今までのメールの内容を確認することができなくなります。
さらに、オークションの入札や落札状況も確認できないし、過去のデーターも見ることができなくなります。
また、そのヤフーIDでの各種サービスも削除になるうえ、請求や支払い状況も確認できなくなります。
ID削除に伴い解約となるので、請求自体はクレジットカードなどから請求が来るでしょう。
それらは支払う必要があるものなので基本的には正当な請求になります。
ところが、現在、入札や落札の手続きをしている最中であれば、相手方と連絡が取れなくなり、被害者や加害者になってしまうことがあります。
問題が複雑になってきます。

少なくとも、メールのやり取りのログさえあれば、状況を整理できます。
ヤフーのオークションIDと同じヤフーのアドレスを使用していなかったらよかったのに。
ということです。
最大の回避ポイントは、ヤフーIDとは別のメールアドレスを取得することです。

しかし、フリーアドレスであればヤフーでなくても、IDやパスワードの問題で突然ログインできなくなることもあるでしょう。
ウェブアドレスならではの問題です。
そこで、さらに、発展した方法として、フリーメールアドレスをメールソフトで送受信できるようにするということです。
そうすれば、IDが削除されたり、ログインができなくなったとしても、メールソフトの送受信暦は、パソコンに保存されていることになり、内容を確認することができます。
ちなみに、ウェブ上でもメール送受信は引き続き使うことができます。
すなわち、両方の機能を併用することができるのです。

以前は、メールソフトに取り込むのに、フリーツールや特殊なメールソフトを使用しなければならなかったのです。
私は、フリーアドレスのホットメールを長年使用しており、ベッキーという有料のメールソフトとホットメールをベッキーに取り込むためのフリーツールを使用していました。

今は、ウェブメールも進化しており、一般的なメールソフトで送受信できるように設定できるようになりました。
設定方法も細かく解説されており簡単です。
相談対応の中で、「フリーメールを一般のメールソフトで送受信できるように設定し、リスク回避するする方法がある」という助言ができれば、どうしようもならないトラブルの代替提案として、活用できると思います。
まさしく一目置かれるスキルアップです。
知ってしまえば何ともないことですが、この「知ってしまえば」にいたるのが難しいのです。
これこそ、このスキルアップ講座の知識としてのスキルアップの目指すものです。

さあ、次の段階に進みましょう。
知識として、ウェブアドレスを一般のメールソフトで送受信できるように設定できることを知りましたが、それを生きた知識にレベルアップさせます。
そう、実際に、フリーアドレスを取得して、メールソフトに設定してみましょう。

【実践 フリーメールアドレスの取得とメールソフトでの設定】 に続く

(平成22年5月24日 初稿)

スポンサーリンク