カテゴリー別アーカイブ: ヤフー

解説 ヤフーのID削除 その2

カテゴリー:ヤフー 投稿日:

やっと本題に入りましたが、ヤフーIDを削除されると
共通に管理されているヤフーのフリーアドレスのIDも削除されることになります。
すると、当然、ヤフーのアドレスのIDとパスワードが無効になり、今までのメールの内容を確認することができなくなります。
さらに、オークションの入札や落札状況も確認できないし、過去のデーターも見ることができなくなります。
また、そのヤフーIDでの各種サービスも削除になるうえ、請求や支払い状況も確認できなくなります。
ID削除に伴い解約となるので、請求自体はクレジットカードなどから請求が来るでしょう。
それらは支払う必要があるものなので基本的には正当な請求になります。
ところが、現在、入札や落札の手続きをしている最中であれば、相手方と連絡が取れなくなり、被害者や加害者になってしまうことがあります。
問題が複雑になってきます。

少なくとも、メールのやり取りのログさえあれば、状況を整理できます。
ヤフーのオークションIDと同じヤフーのアドレスを使用していなかったらよかったのに。
ということです。
最大の回避ポイントは、ヤフーIDとは別のメールアドレスを取得することです。

しかし、フリーアドレスであればヤフーでなくても、IDやパスワードの問題で突然ログインできなくなることもあるでしょう。
ウェブアドレスならではの問題です。
そこで、さらに、発展した方法として、フリーメールアドレスをメールソフトで送受信できるようにするということです。
そうすれば、IDが削除されたり、ログインができなくなったとしても、メールソフトの送受信暦は、パソコンに保存されていることになり、内容を確認することができます。
ちなみに、ウェブ上でもメール送受信は引き続き使うことができます。
すなわち、両方の機能を併用することができるのです。

以前は、メールソフトに取り込むのに、フリーツールや特殊なメールソフトを使用しなければならなかったのです。
私は、フリーアドレスのホットメールを長年使用しており、ベッキーという有料のメールソフトとホットメールをベッキーに取り込むためのフリーツールを使用していました。

今は、ウェブメールも進化しており、一般的なメールソフトで送受信できるように設定できるようになりました。
設定方法も細かく解説されており簡単です。
相談対応の中で、「フリーメールを一般のメールソフトで送受信できるように設定し、リスク回避するする方法がある」という助言ができれば、どうしようもならないトラブルの代替提案として、活用できると思います。
まさしく一目置かれるスキルアップです。
知ってしまえば何ともないことですが、この「知ってしまえば」にいたるのが難しいのです。
これこそ、このスキルアップ講座の知識としてのスキルアップの目指すものです。

さあ、次の段階に進みましょう。
知識として、ウェブアドレスを一般のメールソフトで送受信できるように設定できることを知りましたが、それを生きた知識にレベルアップさせます。
そう、実際に、フリーアドレスを取得して、メールソフトに設定してみましょう。

【実践 フリーメールアドレスの取得とメールソフトでの設定】 に続く

(平成22年5月24日 初稿)

解説 ヤフーのID削除 その1

カテゴリー:ヤフー 投稿日:

以前はたびたび寄せられるヤフーのIDの削除に関する相談事例について解説します。
ヤフーオークションが普及してきたころ、「規約違反でヤフーのIDが削除された」という相談があります。
このIDが削除された場合、ヤフーオークションに参加できないだけではなく、多くのトラブルが同時に発生します。
これらのトラブルの原因と対応策について解説します。

ヤフーオークションに参加するためには、ヤフーのIDを取得する必要があります。
当然ながら、メールアドレスの登録が必要になります。
また、決裁のために銀行口座やクレジットカード番号を設定するもあります。
これらを同じヤフーのIDで管理します。
一方、ヤフーのIDを取得すると、ヤフーのIDと同じフリーメールのアドレスを取得することができます。
そして、ヤフーオークションに使用するメールアドレスはなんでもいいのですが、このヤフーのフリーメールアドレスを登録する人も少なくありません。
また、ヤフー以外のフリーアドレスを登録する人もいます。
一般的にフリーメールというのはウェブアドレスであることがほとんどです。

ウェブアドレスとは
一般に、プロバイダーから与えられているメールは、アウトルックエクスプレスやサンダーバードなどのメールソフトを使用して送受信をします。
メールソフトは、専用のソフトをインストールして、そのソフトにIDやパスワードを設定して使用します。
それに対して、ウェブアドレスとは専用のソフトから送受信するのではなく、ネット上のウェブサイトにIDとパスワードを入力して、会員サイトのような状態で、メールの送受信を行います。
最大のメリットは、パソコンさえあれば、外出先でもメールの送受信ができるということです。
デメリットとしては、IDとパスワードの管理が重要です。
当然ながら忘れてしまうとみることはできません。ただし、IDやパスワードを忘れた場合にというヘルプで再設定の方法が示されていますので、想定の範囲内でしょう。

「規約違反によりヤフーオークションのIDが突然削除されたが、規約違反などしていないし、理由をたずねても教えてくれない」という相談があります。
このような相談に対しては、消費者センターは無力です。というよりも、消費者センターの取り扱う案件の範囲外だと思います。
規約違反の理由は、たとえばクレジットカードの申請が通らなかった苦情と同じで、個別の民事的案件に属するので、法的な手続きによる情報開示や異議申し立てを行うことになるからです。
したがって、このことに関して私が解説することはありません。
上手に法律相談など必要な相談機関を紹介することになります。
(「上手に他機関を紹介する」方法については別途解説します。)
ちなみに、そのIDで今まで築きあげてきた評価がなくなってしまい、別のIDでの引き継ぎもできません。
IDの削除はいいから、評価を引き継いで欲しいという要望も多いのですが、規約では不可能です。
それらの問題は切り離し、ここでは、ID削除に関連して発生する問題について解説します。

【解説 ヤフーのID削除 その2】 につづく

(平成22年5月20日 初稿)