カテゴリー別アーカイブ: ネットゲーム

コンプガチャの計算

カテゴリー:ネットゲーム 投稿日:

コンプガチャが分からない方へ
ソシアルゲーム・ネットワークゲーム・カードなど想像しにくい言葉が理解を難しくしているのかもしれません。
身近な商品で考えてみます。

子どもをスーパーに連れて行ったときに100円のガシャポンをねだられたことがあると思います。
ポケモンのキャラクターの人形のカプセルだとします。
全部で10種類あるとします。
子どもは全種類ほしいとまではねだらないですよね。
1回だけよ、と説得します。
もし、それぞれのカプセルに入っている説明書にキャラクターの番号が書いてあって、全10種類分を集めると、もれなくポケモンの人形を入れるケースがもらえるとします。
1回100円のカプセルは通常の取引であって景表法上の景品とはなりません。
ところが、人形を入れるケースは景表法上の景品となります。
しかも、これを手に入れるためには、何が出るか分からないカプセルを10種類集めるまで買い続けなければなりません。
この10種類集めたらもらえるというのが、「2以上の異なる付票」に該当し、景表法に違反するということです。
現実には、それぞれの説明書についている共通の応募券を1枚もしくは複数枚集めてプレゼントに応募するというのは景品の金額さえ問題なければ景表法に違反しません。

ガシャポンのカプセルなら種類は知れてるし、知り合いからもらうということもできますが、今回のゲームの場合1回300円のカードの200種類ほどの中から特定の7種類を集めるというレベルであり、これらのカードはカード交換できないというもので、無限地獄に陥ることが想像できます。コンプガチャは期間限定のイベントで行われることが多く、1回のイベントで軽く10万円以上使ってしまうこともざらです。

では実際にいくらぐらいのお金が必要なのかを確率の世界で計算してみました(間違ってた場合はすいません)。

ポケモンのパターンを計算してみます。
全10種類をすべて集めるパターン
1個目は10/10=100%で100円×1回=100円
2個目は9/10=90%で100円×10/9(1.1回)=110円
3個目は8/10=80%で100円×10/8(1.25回)=125円
以下省略
合計約3000円30回で全10種類がそろいます。

全10種類のうちの特定の3種類を集めるパターン
1個目は3/10=33%で100円×3.3回=330円
2個目は2/10=20%で100円×5回=500円
3個目は1/10=10%で100円×10回=1000円
合計約1800円

全100種類のうちの特定の5種類を集めるパターン
1個目は5/100=5%で100円×20回=2000円
5個目は1/100=1%で100円×100回=10000円
合計約22900円

今回のゲームのように1回300円であれば単純に3倍になります
例えば100種類のカードから5枚をそろえる組み合わせは、1回300円で100枚のカードの出現確立は同じでダブりも当然ありとすると
1枚目が5/100=5%で20回(300円×20回=6000円)で出現、
2枚目が4/100=4%で25回(300円×25回=7500円)で出現、
3枚目が3/100=3%で33回(300円×33回=9900円)で出現、
4枚目が2/100=2%で50回(300円×50回=15000円)で出現、
5枚目が1/100=1%で100回(300円×100回=30000円)で出現、
したがって、合計69000円でコンプリートです。
100枚で5枚集めるというのは甘い設定で、実際には200枚から7枚~4枚集めるというのが主体だと思います。

200枚から7枚集めるの場合は
1枚目が7/200=3.5%で28回(300円×28回=8400円)で出現、
2枚目が6/200=3%で33回(300円×33回=9900円)で出現、
3枚目が5/200=2.5%で40回(300円×40回=12000円)で出現、
4枚目が4/200=2%で50回(300円×50回=15000円)で出現、
5枚目が3/200=1.5%で67回(300円×67回=20100円)で出現、
6枚目が2/200=1%で100回(300円×100回=30000円)で出現
7枚目が1/200=0.5%で200回(300円×200回=60000円)で出現
したがって、合計155400円でコンプリートです。
4枚集めるにしても125100円です。

特に最後の数枚をそろえるのが至難のわざとなっており、あと1枚なのに出てこないのは操作されているのではと思ったりしますが、冷静に確立を考えれば分かることです。

細かい四捨五入は勘弁してください。
結局は小遣いの範囲を軽く越えていますね。
実際にコンプするのに何万円もかかっているという個人ブログの記事は山ほどあります。

ちなみに、私は100円のカプセルのリアルのガシャポンをコンプリートするのにネットオークションで最初から新品のセットになっているものを購入します。
送料込みで定価よりも安かったりしますし、最近は秋葉原などのキャラクターショップにコンプリートで販売されているものもあります。

「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方(平成24年 5月18日公表)

「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表及び景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについて』が平成24年5月18日に公表されました。
消費者庁HP
ホーム > 表示対策課
http://www.caa.go.jp/representation/index.html
<その他の景品表示法関連の公表資料>
http://www.caa.go.jp/representation/index.html#m01-6

「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表及び景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについて
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/120518premiums_1.pdf
(一部抜粋します)

オンラインゲームの「コンプガチャ」と景品表示法の景品規制について 平成24年5月18日 消費者庁

4 景品表示法上の問題点
(2) 「コンプガチャ」に関する景品表示法上の考え方
ア 景品表示法上の考え方
「コンプガチャ」は、異なる種類の符票の特定の組合せを提示させる方法に該当し、懸賞景品制限告示第5項で禁止される景品類の提供行為に当たる場合があります。

「コンプガチャ」については新聞テレビで大々的に取り上げられたので、ご存知だと思います。
「コンプガチャ」がどういうものかも知ることになったのではともいますが、いまいちピンとこない場合もあるかもしれません。
禁止されるべくして禁止されたという感はありますが、私は冷ややかです。
みなさまも、この通知を読んでみても、ひとごとのように感じるかもしれません。

思ったとおり、「コンプガチャ」自体は自主的に即効でなくなりました。
問題の本質は別のところにあると思いますが、これらの問題も含めて、別の機会に記事にしたいと思います。