解説 アフィリエイト その2 物販系アフィリエイト

カテゴリー:アフィリエイト 投稿日:

前回の続きです。

相談員の必需品「消費者六法(2010年版)」5,500円 (税込 5,775 円)楽天ブックスで購入できます

ということで楽天ブックスのリンク先を3パターン紹介しました。
どのリンク先も同じページにつながっています。
しかし、紹介先のアドレスがパターン①とパターン②③では微妙に違っています。

改めてリンク先を表記します。クリックできます。
パターン①
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E8%80%85%E5%85%AD%E6%B3%95%EF%BC%882010%E5%B9%B4%E7%89%88%EF%BC%89-%E5%88%A4%E4%BE%8B%E3%83%BB%E7%B4%84%E6%AC%BE%E4%BB%98-%E7%94%B2%E6%96%90%E9%81%93%E5%A4%AA%E9%83%8E-9784896285949/item/6407689/
パターン②③
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0488637e.b6f40f36.0488637f.5d7db8a4/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f6407689%2f&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13595805%2f

パターン①は単なるリンク先です。
そしてパターン②③はアフィリエイトリンクになっています。
パターン②③をクリックした先で、紹介した「消費者六法(2010年版)」を購入していただいたら、アフィリエイト報酬として購入価格の1%の楽天ポイントが支払われます。
1%なので55ポイント、55円相当ですね。
前回、親切にも、と書きましたが、パターン①では本当に親切に紹介しただけなのに対して、パターン②③では親切に紹介しつつもアフィリエイト報酬の獲得も目指しています。
すなわち、パターン①では私には何も報酬はありませんが、パターン②③では報酬を獲得できるわけです。

それでは楽天にとってのメリットは何でしょうか。
それは、わざわざ広告料を支払って宣伝するよりも、広告料を支払わずに宣伝することができるということです。
そして、実際に購入(成果が発生)されたときのみ、広告料として成果報酬を支払えばいいのです。
しかも、広告を掲載するサイトは報酬を得るために努力しており、初期費用が不要で効果的な宣伝をすることができる手法として、今や定番として普及しています。

さて、パターン①での楽天のメリットは何でしょうか?
無料で宣伝してくれて、なおかつ、売り上げがあったとしても成果報酬を支払う必要のない、全くおいしい話ですね。
すなわち、成果報酬の1%は楽天の利益になるということです。

では、購入する人にとってのメリットやデメリットは何でしょうか。
何もありません。どちらのパターンで購入しても結果は同じです。

どうせ同じなら、私のアフィリエイトリンクで購入してもらったら、とてもうれしいです。
なお、私にとっての、もうひとつのメリットは、アフィリエイトリンク先の画像を自分のサイトに流用できるということで著作権を気にする必要がないというのもポイントです。

以上が、前回の3つのパターンの解説です。
今回紹介した本だけではなく、ネット上で販売されている様々な商品が同様のパターンで紹介されています。
これらは、物販系のアフィリエイトと呼ばれています。

この単純な物販系のアフィリエイトであれば、単なるネットショッピングと同じなので、アフィリエイトを原因とする消費者問題は発生しませんね。
問題が発生するとすれば、注文した商品が届かない、などの一般的なネットショッピングのトラブルの対応となります。

しかし、成果報酬が発生するという新たな副業のチャンスが生まれたということで、それを本業にしたり、問題のある手法が生まれてきたりするわけです。
その最たるものが「情報商材」によるものでしょう。
「解説 アフィリエイト」の最終には相談員が知っておくべきであり、正しく解説されていない、また、正しく理解されていない「情報商材」について解説したいと思います。
ただし、いきなり「情報商材」について知ったとしても正しい理解はできません。
アフィリエイト自体の仕組みや種類を理解してこそ、「情報商材」を理解することができるのです。
私にとっては、「情報商材」がすべて「悪」とは考えていません。
正しく理解すること、すなわち、バイアスをなくすことが大切です。

【解説 アフィリエイト その3】 に続く

(平成22年5月17日 初稿)

スポンサーリンク