心に感じてほしい

カテゴリー:最新ニュース 投稿日:

過去にも何回か紹介したことがありますが、「草野健次ブログ」より引用しました。
http://kenjikun.exblog.jp/
草野さんはバレーボールの指導を通して、成長していく子供たちの人間教育にも力を注いでいます。

私からは3本の引用についてコメントしませんが、ぜひ、心に感じてください。


第2264話・・・忸怩たる思い
http://kenjikun.exblog.jp/22141188/

いつまでも成長しない相手に
ガックリ、がっかりは誰でもできるが
大事なのはその後だよな!!

そうだよな・・・・
相手を主語にした話はいくらでもできるもんな。
「君は○○だよな」
「君は○○じゃないか」
「君はなぜ○○をしないのか」
「お前はどうして自分で動かないのか」
「お前はどうしてもっと気がまわらないのか」
「お前はどうして俺の気持ちがわからないのか!」

叱るにしても、誉めるにしても
「君は」「あなたは」「おまえは」・・・結局相手だけ。

言えば言うほど
相手は受け取りにくくなり
記憶にも残らなくなるだけ。

そういうことを自分は結構やっている。
だから忸怩(じくじ)たる思いにかられるのだ。


第2266話・・・6秒待て!
http://kenjikun.exblog.jp/22162184/

怒りは6秒!
それ知ってるは3秒!
返事は0、2秒!

昨日のバレー塾の講義での一部分。
あるとき「叩かないバレー」の危機があった。
監督時代
僕の言葉にキレた選手が僕の目の前でイスを蹴り上げた。
瞬間、周囲の選手が凍り付いた。
「あ、やってもーた!」・・・・そんな雰囲気。
叩かれる・・・・誰もが思った。
僕は拳が震えた。
でも、がまんした。
時間が異常に長かった。
でも、それは6秒だった。
その後、ぼくは監督室で一人でタバコすっていた。
先輩に諭された本人が一人で入室してきた。
「さきほどはすみません」と謝りにきた。
「叩かれた方が楽だったやろう」と僕は言った。
「そうです、叩かれた方がどれだけ楽だったか・・・・」彼女は泣いていた。
このとき、僕は思った。
「あ~、叩かないでよかった!」と・・・。
それいらい、「??は6秒待て!」になった。
怒りは反射の行動。
6秒待ったら腹も横になるみたいだ。
食欲を抑える満腹中枢神経刺激とよく似ていると思った。
暴飲暴食、早食いはやめよう!

会話しているとき、こちらの話の途中で
「あ、それ知ってる」と言って、話を聞かないで喋る人がいる。
これ、気分がわるい。
人の話の意図も考えず、自分のlことを話し出すバカ。
もう、話す気が萎える。
会話の途中で
「それ、知ってる!」と思っても、3秒がまんせよ。
相手の話す意図を聞いてから自分の出番だ。

子どもたちに「はい」と言う返事についての話をした。
「君らが大人になって周りから好かれるには0、2秒で返事しなさい」
そんな話をした。
実演を交えながらやったら結構受けた。


第2267話・・・成功したければ
http://kenjikun.exblog.jp/22166465/

内輪の勉強会で
指導者として多少なりとも成功したいと思うならば
1、うまくいくかどうか悩んで時間をつぶすな!
2、行き詰まったとき、相談できる人、戻れる場所をもつこと!
3、己の過ちを「過ち」と認めることが’できること!

まあ、この3つでんなー(笑)
と、発信しました。
当たりのある項目はありますか?

犯罪心理で言えば、「犯人は犯行現場に戻ってくる」
不安だから確認する!
このまえの「にせメール事件」もそうでしたね。
そして墓穴を掘る。

教えたこと、教えたい事、伝えたい事があればあるほど
うまく伝わったかな?・・・・と不安になる。
だからついつい口うるさくなる・・・
そして結果は・・・

ものごとを進めるとき、戦略・戦術を練ってやるのだが
「うまくいくかな?」って悩んで時間をつぶすなよ・・・
そういう意味です。
指導現場は指導者の不安のアメアラレそのもの。

最小限の言葉で
最大限の効果が出る説明力をつけたいものです。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク