ITスキルアップ インターネットバンキング

カテゴリー:ITスキルアップ 投稿日:

ネット銀行という言葉が出てきてからずいぶん年月が経過しました。
ジャパンネット銀行が走りで、イーバンク銀行などが続き、今や結構な数のネット銀行があります。
最初のころは、見慣れない名前の銀行ということで詐欺ではないかという声もありました。
特に、小規模のネットショップがよく使っていたこともあり、また、支店名が花の名前になっていたり、いかにもあやしそうだったので、それについての相談も消費者センターにもありました。
実際に詐欺の口座に使われることも多かったです。
今はかなり認知されてきましたが、知っている人と知らない人のネットバンクへの信頼性の意識の差は大きいです。

ネット銀行の特徴として、振り込み手数料が無料もしくは格安だったり、金利が都市銀行に比べて若干高かったりしました。
また、新生銀行など、実在店舗が少なく、ネット取引が主となるものには、他行振込手数料が無料のときもあり、よく利用していました。
ネットオークションをよく利用する人などはほとんどネットバンクの口座を持っていると思います。
ただ、今は振り込み手数料やATM引き出し手数料も回数制限があるなど、条件が複雑になっています。
さらに、都市銀行もネットバンキングを始めたので、今やネット銀行と都市銀行の差はなくなってきたといえます。

ネットバンキングの大きな利点としては手数料の優遇措置です。
ATM手数料や振込手数料は金利が安くなった今は、金利が吹っ飛ぶぐらいの負担になり、少しでも安く利用したいところです。
また、コンビニにもATMが設置され、非常に便利になりました。

都市銀行の多くはネット取引も可能になっています。

今回は、このネットバンキングを使いこなすということをスキルとして身に着けて欲しいと考えました。
しかも、上手く使いこなせると、時間の節約にもなるし、手数料の節約にもなります。

私はメインバンクとして三井住友銀行を使っているのですが、三井住友銀行間であれば振込手数料が無料になりますし、郵便局のATM手数料も時間内であれば無料です。
そして、今ではほとんどの銀行がスマートフォン用のアプリを作っていて、簡単に入出金を確認することもできますし、振り込みもできます。
夜間でも振り込み予約ができるので便利ですし、振込先を登録することもできるので、手間が省けます。
住宅ローンの支払い口座にしている場合、ポイントがたまってきますので、ネット取引であれば、ポイントを振り込み手数料に充当させて他行宛の手数料の割引に使ったりしています。
さらに、住宅ローンの繰り上げ手数料も無料になりネットで手続きや返済シミュレーションができます。
スキルアップ口座の会費の振込確認もネットバンクであるからこそ銀行に行く手間が省け、すぐに確認できます。

ネットバンキングを利用するには別途申し込みが必要ですが、ネットバンキング用の利用者カードが送られてきます。
そこに、ネットバンキング用のランダムなパスワード表が印字されていて、それを入力することになります。
そんなに手間もかかりません。

ぜひ、取引銀行のネットバンキングの条件を調べて、利用したり、新しくネット取引用に口座開設して練習するのもありだと思いますので、最新の銀行取引を試してください。
インターネットの利便性を実感することができますし、相談現場でも、ネット取引の話が出てきても、話が途切れることなく、対応できると思います。
ただし、通帳をウェブ通帳にしなければならなかったり、条件が銀行によって異なってきますので、ご確認ください。
ちなみに、ワンタイムパスワードは面倒なので使っていません。

一例として三井住友銀行
http://www.smbc.co.jp/kojin/direct/

振込インターネットバンキング。モバイルバンキング。テレホンバンキング(自動音声)。

(消費税込)

三井住友銀行あて 他行あて
同一店注1。 本支店 3万円未満 3万円以上
テレホンバンキング(自動音声)。インターネットバンキング。モバイルバンキング。

0円

108円
注釈2、注釈3

216円

432円

  • 「モバイルSuicaチャージサービス」ご利用時の振込手数料は、同一店あての振込となる場合も含め、一律108円(消費税込)となります。
  • 振 込のご依頼内容に誤りがあった場合等で、振込の組戻しとなった場合は、組戻手数料として648円(消費税込)が、振込の内容変更となった場合は、変更手数 料として648円(消費税込)が各々かかる場合があります。なお、振込手数料は、振込手続きを行う費用としていただいておりますので、組戻しになった場合 も返却いたしません。SMBCポイントパックのポイントをご利用いただいた場合は、ポイントに関しても返却いたしません。ご了承ください。
  • パスワードカードを発行しない、一部のお取引(残高・明細照会等)のみご利用可能なSMBCダイレクト ライトをご利用の場合は、振込をご利用いただけません。
  1. SMBCダイレクトでの同一店あて振込とは、振込資金の引落口座と受取口座が同じ支店にある場合を指します。
  2. お振込受付時点での出金口座の預金残高が10万円以上の場合、当行本支店あて振込手数料が無料になります(総合口座の場合、預金残高には定期預金等の残高を含みます)。
  3. SMBCポイントパックをご契約のお客さまは、所定の条件を満たすと当行本支店あて振込手数料が無料になります。
ATMサービス・ご利用手数料・ご利用口座のお取引時点での預金残高10万円以上のお客さまは平日の時間外手数料が無料!
ご利用口座のお取引時点での預金残高10万円以上のお客さまは三井住友銀行本支店ATM、アットバンクの平日の時間外手数料が無料となります。
預金残高10万円以上は平日の時間外手数料無料!へ・毎月25日と26日はATM時間外手数料無料!
三井住友銀行のキャッシュカードなら、毎月25日と26日は夕方6時以降もATM時間外手数料が無料です!その他のコンビニ、ゆうちょ銀行等のATMサービス
イーネットATM
残高照会、お引き出し、お預け入れ、キャッシュカードによるお振込ローソンATM
残高照会、お引き出し、お預け入れ、キャッシュカードによるお振込

セブン銀行ATM
残高照会、お引き出し、お預け入れ

ゆうちょATM
残高照会、お引き出し、お預け入れ
(平日時間内は無料でご利用いただけます。)

JR東日本ATM
残高照会、お引き出し
(平日時間内は無料でご利用いただけます。)

この三井住友銀行あて、本支店手数料108円を無料にするハードルはとても低いです。
また、郵便局にもネットバンキングはあります。

「へー便利なものがあるのだなあ」と感心せず、実際にリアルで取引して自分のスキルとしてください。
特に地方に住まれている方にはとても便利です。都心部でも、大手銀行の数が減ってきていますので、わざわざ出かける手間が省けます。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク