あふれすぎた情報の中で生きる(音声解説あり)

カテゴリー:NET・情報 投稿日:

260521-joho
「情報の量」についての資料は総務省などで公表されています。
その中の1つですが、流通している情報量と消費している情報量を比べると、2006年から流通している情報量が爆発的に増加している一方、消費される情報量は変わっていないことが分かります。
情報量の拡大は今後も増え続けると思われます。

この両者の差は、消費されない情報、スルーざれる情報となります。
広告業界では、昔のようにテレビにCMを流せば多くの情報が伝わるという簡単なものではなく、どうしたら伝えたい対象に情報を伝えるのかということが課題になっており、情報伝達の手段も多彩になっています。

もちろん、この大きな要因は、「インターネット」です。

私たちは、何か情報を知りたいときに、「ネットで検索すれば見つかる」と思っています。
しかし、実際はどうでしょうか。

単純な情報であれば簡単に見つかりますが、複雑な情報になると、検索結果が膨大な量になり、そこから知りたい情報、そして正しい情報を得るのが非常に難しくなります。
また、多くの時間も要します。

消費生活相談の中でも、事業者や悪質情報や商品情報などを検索しようとしたときに、見つからないことが良くあると思います。
「見つからない」のではなくて「見つけられない」のです。
検索能力は個人のスキルに依存します。したがって、私では見つかる情報もほかの人では見つからないということもよくあります。

さらに、見つかったとしても、その情報が正しいものかどうか判断するのも難しくなってきます。
掲示板等では真偽の不明な情報があふれかえっています。
消費者はその中から自分に都合のいい情報を選び出して、それを元に、事業者や消費者センターにきます。
事業者であれば、ある程度の対応方法はマニュアル化されていると思いますが、消費者センターでは情報の取り扱いに慣れておらず、振り回されることになります。

では、このようにあふれる情報の中からどんな情報を選択すればいいのでしょうか。
ひたすら時間をかけて、検索してきた情報を片っ端から読んで、必要な情報を自分で判断して取捨選択する。
そんなことをしていたら、あっという間に数時間は経過してしまいます。
しかも、欲しい情報にたどり着かないこともあります。

あふれかえった情報を整理するために出現したのが、ウィキペディアやまとめサイトと呼ばれるものですが、これも信頼度が高くなりますが完全に正しいかどうか分かりません。
また、知恵袋やOKWEBといった質問サイトも活発に利用されています。

実は最先端の情報伝達手段の動きはすでに始まっています。
それは、「口コミ」です。伝播形態としては「SNS(ソシアルネット)」です。
もっと言えば、「信頼できる人が出した情報」です。
「信頼できる人が出した情報」は信頼できる」という理論です。
それを裏付けるかのように、企業の広告手法として、「口コミ」や「SNS」が増えてきています。
身近な話で言えば、親しい友達がおすすめした商品や飲食店をりようするということです。
(消費者問題の世界では、飲食店の「口コミ」サイトのやらせが社会問題になったこともあり、悪質商法は時代の最先端をいくということです)

「信頼できる人物が発信した情報」というのは、アナログ的には昔から良く使う「詳しい人に聞く」ということですね。
それがネット上で展開されていることになります。
これらは、効率の良い情報収集の選択肢です。
また、消費生活相談現場でも同じですね。
相談員のための相談先というのがいくつもあります。

譲歩が多すぎるから、いっそのこと、情報を探すことをしなければいいのではと思います。
しかし、多くの仕事が情報無しには成り立たなくなっています。
相談業務もそのひとつです。
悪質商法は情報の最先端を行きます。
相談者はネットから自分に有利な情報を探してきます。
すべての商品を熟知しているわけはないので、知らない情報はネットで検索します。
同種事例が出ていないかネットで検索します。

10年前には相談業務を受けながらネットで情報を検索することなんてあまりなかったと思います。
というよりも、ネット検索できるパソコンがなかったと思いますが、今やネットは普及し、相談現場に情報検索は欠かせません。

このように、「情報がたくさんあるから何かあったらネットで検索すればすぐに調べることができる」とは簡単には言い切れないくなっているのです。
相談現場でもネット検索にトライして途中で断念したことがあると思います。

「情報があふれかえりすぎている」ことの弊害が、消費者の側でも、相談員の側でもあるということを前提にしたいために、今回この記事を書きました。
あふれかえる情報に中から、できるだけ必要で正しい情報を、効率的に入手するというテーマは今後も書き続けたいと思います。
また、その情報入手の手段としてこのスキルアップ講座を活用いただけたらと思っています。

音声による解説にトライしてみました。うまくいくかどうかは分かりません。16分13秒(mp3形式)ちょっと長いかな?
左端が再生停止ボタン、右端が音量ボタン

総務省
情報通信白書
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html
情報通信政策研究所
研究成果~調査研究報告書
http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/seika/houkoku-since2011.html

佐藤尚之
明日の広告・明日のコミュニケーション

※別の機会に単独の「おすすめ書籍」として記事を書く予定です。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク