iPhone痛恨のオプション解約忘れ (前半)

スマートフォンのお得な買い方の記事を書きながら、オプションの解約手続を忘れてしまうという痛恨のミスをしてしまいました。
前回の「iphoneをWi-Fi仕様に 2014年1月6日(月)https://soudanskill.com/20140106/785.html」の記事の中に書いた「あとは2ヶ月無料のオプションを今月末に解約するだけです。」というオプションの解約を月末のバタバタで、すっかり忘れてしまいました。2月になってすぐに思い出しました。

そもそも、auへの電話料金が本来1時~21時が無料のところ、通話定額24という24時間無料になるというオプション自体使わなかったのに、無料期間が2ヶ月あるからこれだけあと1ヶ月残しておこうという貧乏人根性を出してしまったのが悪かったのです。一緒に解約すれば問題がなかったのです。
まあ500円程度の損害で済んだのが幸いでした。1000円だったらショック大でした。

とりあえず、窓口で解約していたかどうかを確認して、解約してないことが分かり、日割りがないことも確認しました。このオプションは月単位なので解約予約ができるとのことで、2月末での解約を申し込みました。
窓口で「オプション商法に引っかかってしまった」と話をしたら、2000円分のオプションを全く使わず6ヵ月後に気づいた人もいましたよ」と言われました。

このオプション商法は、量販店での本体代金割引に必須の契約ですが、初月無料だから1ヶ月したら解約すればよいということで、契約者には全く負担はありません。量販店はオプションの契約による販促費を得ていると思われます。
ただし、一度契約してしまうと、「解約忘れ」や「何となく継続」してしまうのが、フリーミアムのメリットでありデメリットであります。
かなりの人が解約忘れをするのかもしれませんし、便利だと思って使い続ける人もいるのかもしれません。
この1つだけ2ヶ月無料というのも解約忘れを狙っているかのような被害妄想になります。

重要なことは
・無料期間で必ず解約手続すること。また、無料期間が1ヶ月なのか30日なのか確認しておくこと。店頭でもらうオプション契約一覧表を確認すること。
・最近は紙の請求書ではなくWEB請求書を利用している場合があるので、必ず請求書の金額と中身を確認しておくこと。
そして、オプション契約が「悪」と思いがちなところですが、オプション契約をすることによって本体代金が大幅に割引されるというメリットがあり、このメリットは最強であることを知っておくことです。オプション契約なしの場合、高額な機種料金が必要になることがあるので、真剣に比較すれば、無料期間で解約するということを忘れさえしなければ、最強のメリットです。
まあ、解約し忘れたとしても、数千円程度であれば、許容範囲と思います。

以上のことを理解して、相談現場で同種の苦情の対応方法を自分なりに考えていくことになります。

後半は相談員向けに書いている記事なので、会員限定とさせていただきます。
実際に、この種の苦情があれば、「どう評価して、どう対応したらよいのか」について、突っ込んで説明したいと思います。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク