フリーメールアドレスの取得

カテゴリー:実践, 会員用ページ(再掲) 投稿日:

フリーメールアドレスの取得については、
実践 フリーメールアドレスの取得とメールソフトでの設定 その1 2010年5月27日(木)
実践 フリーメールアドレスの取得とメールソフトへの設定 その2 2010年5月31日(月)
で記事にしたところですが、現在、メールソフトの設定が非常に簡単になっていますので、再度、解説したいと思います。

なお、近々、会員登録制に移行する予定ですが、会員登録用にgmailのアドレスを使用することをおすすめしていますので、会員登録をご希望される場合は早めに取得されますようお願いします。

(1)googleのアカウントの取得(会員登録のこと)
①gmailを使うには、まずgoogleのアカウントを取得することになります。
取得の方法は以前と変わりありません。
重複しないIDを選ぶのが悩むところです。
最後の認証のための英数字も崩し文字になっているので、いつも失敗してやり直しになりますが、何度もやり直してください。
それから、本名は使わず適当な名前で入力することをおすすめします。
②googleのアカウントを取得すると、gmailの使用が可能になります。
細かい設定をしたい場合は自由にカスタマイズが可能ですが、特に何もしなくても大丈夫です。
WEBでgmailを使う場合は、gmailでログインすればOKです。
ただ、メールソフトを使用したほうが、いちいちログインしなくて良いので使い勝手が良いです。
また、複数のアカウントを1つのメールソフトで設定することができるので、ぜひ設定してください。

(2)メールソフトはフリーソフトのサンダーバードを使用します。
ダウンロード後にインストールします。
指示に従って、gmailのアカウントを入れると自動的に設定してくれます。
このときに、「pop」か「imap」のどちらかを選択することになりますが、「imap」を選択しておけば、自動的に同期してくれるので、「imap」を選べばいいと思います。「pop」はその都度メールをダウンロードすることになります。私は両方とも使っています。特に深い意味はありませんが、個人的には「pop」のほうが好きです。

【関連リンク】
googleアカウント
https://accounts.google.com/
gmail
https://mail.google.com/mail/
※追記:googleの仕様が変更になりましたが、従来の登録ページから取得する場合はこちらです。
従来の登録ページ
サンダーバード
http://mozilla.jp/thunderbird/

ワンポイント

アンドロイド・スマートフォンをお持ちの方は、googleのアカウントの取得は必須となりますので、「gmail」は経験済みだと思います。
今後、普及率は急増すると思いますので、誰もが知らないうちに「gmail」を使っていることになると思います。

 

スポンサーリンク