月刊 消費者 (2010年10月号)

カテゴリー:月刊 消費者 投稿日:

月刊消費者という雑誌は、一般消費者向けで、相談員向けにはやさしすぎますね。
相談員として学ぶものは少ないと思います。
また、一般向けにしてもボリューム的にも内容的にも、もう少し工夫が必要だと思います。

今月取り上げる記事は特にありませんが1つだけ思うことを書きます。

農林水産省 げんき列伝
こだわりレタスをスーパーに直販
・八ヶ岳高原でこだわりの高品質レタスをつくって、首都圏と直接取引き営業し、売り上げを伸ばしている。
・今の社会は、価格重視か品質重視か分かれると思います。品質よりも価格重視にすることは簡単でしょうが、品質重視にするのが難しいですね。品質がよければ必然的に価格は高くなり、消費者に受け入れられなくなってしまうジレンマ。
・しかし、売り方しだいでは立派に業として成り立つ時代になってきています。ネット社会の今は口コミなど手法は豊富であり、それを使いこなさなければならないです。時代に合わせた方法をとることが必要です。農業や漁業も収入的にも職業として魅力のあるものを作り出していく必要があると思います。
・そのような実践例は、ネット上やテレビ番組「ガイアの夜明け」など直接見て知る機会が多くなっています。
・選択するのは消費者です。将来を見据えた正しい選択をしてほしいです。

日本消費者協会 http://www.jca-web.org/
月刊 消費者

スポンサーリンク