月刊 国民生活 2010年9月号

カテゴリー:月刊 国民生活 投稿日:

①特集 カードキャッシングの落とし穴
・クレジットカードの歴史、日米の違い、リボ払いなどについて解説されています。
・貸金業法改正の解説がありますが、完全施行されたので今年の消費者関連の大きな話題ですね。
・さらに、クレジットカード現金化の仕組みが解説されています。
・これらの特集を読むと、クレジットカードについての理解が深まると思います。

②消費者訴訟を学ぼう 消費者訴訟の現場から
「偶然性の立証責任はどちらに?」
・この記事はとても面白く勉強になりました。事件としては、海外出張中に自宅の駐車場から車が盗まれ、盗難保険を申請したところ、犯人と所有者が関与しているとして支払いを拒否したことです。
・「車が偶然盗まれた」という立証責任はどちらにあるのか、請求者であれば犯人を見つけるなどして犯行には関与していないことを立証しなければならないし、保健会社であれば請求者が誰かに車を盗むように指示したことを立証しなければならない。
・最高裁は、請求者以外の誰かが、その車を持ち出したという外形的な事実を主張立証すれば足りると判断しました。すなわち、防犯カメラによって誰かが盗んだということを立証すれば立証責任を果たしたことになる。
・他方、ビデオの誰かが請求者から犯行の指示を受けていたかどうかは保健会社が立証する責任を負う。
(詳しくは本誌を読んでください)

③暮らしの法律Q&A
「ペットが人にけがをさせたら?」
・相変わらず放し飼いの犬が多いです。子どもが多く遊んでいる公園でも平気で大型犬を離しています。私は許せません。こんなことをしている限り日本ではペットは社会に受け入れられないでしょうね。
・犬が人をかんだときの民法上の責任について解説しています。民事的な示談により飼い主は誠実に対応すべきです。こじれるとペットにとってもよくありません。
・たいていの自治体では、ペットが人をかんだら保健所に届け出る義務があります。また、その犬が狂犬病にかかっていないか検査する必要があります。実際には、民事的に円満解決すれば、それらの義務を果たさない人も多いでしょう。しかし、いったんこじれてしまうと、保健所からの指導が入ったりします。最悪の場合は、相手方から犬の処分を求められ、泣く泣く殺処分せざるを得ない結果になることもあります。ルールを守るのは当然ですが、それでも事故がおこるときもあります。愛犬のためにも事故があったときの対応を心得ておく必要があります。こんなな相談があったら、法律相談を紹介することになると思いますが、保健所への届出の必要性も説明してください。

④表示でみる商品ミニ知識
「観光土産品」
・「観光土産品の表示に関する公正競争規約」「食品衛生法」「加工食品品質表示基準」による表示が紹介されています。
・私がお土産を買うときに重視するのは、「固有記号」です。できるだけ地元でつくられたものを買いたいので、販売者+固有記号よりも製造者が地元表示になっているものを選びます。地元で作られたのが確実ですから。固有記号というのは、実際に製造していなかったり下請けに出していたりしても販売者で表示することができ、その代わりに役所に届け出ている実際の製造所を記号で表示する制度です。いい点も悪い点もありますが、せっかく買ったお土産が、全然遠い工場で作られていたりすることもあります。

⑤時点・論点
「変わる高専賃-求められる高齢者住宅の整備-」
・高専賃とは高齢者船よい賃貸住宅のことです。自宅で暮らすのは難しいが、施設にはなかなか入れない、という高齢者の受け皿となった有料老人ホームが規制により開設抑制が行われ、急成長してきたのが高専賃です。高齢者のみ入居でき、単なる賃貸住宅であるが、高齢者のニーズに合わせて、食事・掃除・洗濯などの生活支援サービスのほか、訪問介護やデイサービスなどの事業所が併設され、介護保険を使ったサービスを受けられる物件が増えてきているとのことである。
・問題や課題もいろいろありますが、今回、私がこの記事を取り上げたのは、「ガイアの夜明け」というテレビ東京の番組で7月13日に「シリーズ「ニッポンの家族の行方」第2弾 自由、安心に暮らしたい~“シニアの住まい”広がる選択肢~」で、高専賃が取り上げられ、今後の未来像として印象に残っていたからです。詳しくはHPを参照してください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview100713.html

国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
月間 国民生活

スポンサーリンク