実践 ネットショッピングと楽天カード

カテゴリー:実践, 会員用ページ(再掲) 投稿日:

相談員の皆さんはネットショッピングの経験はありますか?
クレジットカードの番号を入力したことがありますか?

「ネットショッピングやクレジットカードでの購入は個人情報の流出の恐れがあって怖くてやりません。
消費者にも、心配なら利用しないようにすすめています。」

もし、このように考えられるのであれば、相談員としての「資質」に疑問符を投げかけます。
これも「正しい知識がない」がゆえの「バイアス」だと思います。
以前に「相談員に必要な知識 」として、「実体験が重要である」と解説しました。
ぜひとも。「実体験」してください。

現在、国内でのネットショッピングのトップサイトは「楽天」です。
「楽天」でネットショッピングを何度か経験すれば、今までの苦労は難だったかというような「気づき」が生まれます。
・クレジットカードの使用
・注文画面の理解
・宅配便の追跡
・楽天やショップからの宣伝メール
・ポイントの活用
・メールのクリックポイントやゲームのポイントなどの無料で獲得するポイント
など、あらゆることを学ぶことができます。
まず「楽天」で修行することをお勧めします。

手順としては、楽天カード(クレジットカードの申し込み) → 楽天ポイントの獲得と理解 → ネットショッピング(最初は送料無料の書籍や職員などが手軽でしょう)

このスキルアップ講座では、楽天でのネットショッピングを例にした解説などが頻繁に登場しますので、楽天カード(クレジットカード)の所有と楽天会員の登録が必須となります。
また、スキルアップ講座の有料会員登録の方法として、1000円の月会費の制度化までは、このサイトからの楽天カードの申し込みなどを要件にする予定です。
「このサイトからの楽天カードの申し込み」が何を意味するのかは、「解説 アフィリエイト その3 会員獲得系アフィリエイト」で解説しています。
そして、これらのアクションが「相談員に必要な知識 」としての「実体験」の積み重ねによるスキルアップにつながるものと考えています。

↓ ↓ 楽天カードの申し込みは、こちらからお願いします ↓ ↓

ちなみに、カードの年会費は無料であり、さらにカードを申し込むことによって、2000円分のポイントやカード1回利用で3000円分のポイントなど、全くノーリスクでポイントを獲得することができます。そのポイントでネットショッピングをすることで、金銭的な負担はなく、ネットショッピングを実体験することができます。

なお、楽天会員の登録のためのPCメールアドレスは、プロバイダーからのメールではなく、Gmailなどのフリーアドレスを使用してください。
このフリーアドレスの取得についても、このスキルアップ講座の重要なスキルアップのポイントです。
ヤフーオークションの消費者センターに寄せられる相談の理解にも通じています。
これらについては、「解説 ヤフーのID削除」「実践 フリーメールアドレスの取得」でも解説しています。

(平成22年6月7日 初稿)

スポンサーリンク