ITスキルアップ ネットショッピング その2(クレジットカードの作成)

カテゴリー:ITスキルアップ 投稿日:

クレジットカードの作成

まず、最初にクレジットカードを作成することから始まります。
「私は現金主義だ、カードなんて怖い、詐欺にあいそう、借金はよくない」、など否定的な考えは多くあり、それぞれの価値観の問題で、個人的には納得いきますがき、相談対応のスキルをつけるという観点から考えると、そういう個人的な信条をいったんどこかにおいてほしいと思います。逆に、クレジットカードの便利さや怖さを身をもって体験することで、相談対応にもリアルさや共感、啓発においても説得力のある話ができると思います。
さらに、地方に住んでいる若い消費者にとってネットショッピングが魅力的になっているので、地方と都心部での消費者の消費パターンも若干異なるかもしれませんね。

どこのカードを作るのかと迷うところです。
銀行の店頭では、銀行系のJCBカードなどを勧誘されると思います。
最近はカードの維持に年会費を復活させるところもありますので、コストはかからないほうがいいですよね。
私もたくさんカードを持っているのですが、唯一、年会費を払っているのがエディオンカードです。1000円の年会費が必要です。エディオンで携帯電話を買うときにもらえるポイントのために入会しました。また、エディオンで購入した電化製品などの長期保証もついています。維持費は払いたくないのですが、携帯電話のMNPでポイント長者になっていますので、断腸の思いをしながら納得することにしています。

また、初年度会費無料のカードや入会時特典で商品券がもらえるなど種類豊富です。
なぜカード会社は入会キャンペーンに力を入れているのでしょうか?
ご存知だと思いますが、カードを使えば加盟店から手数料収入があるからです。
これに関する消費者相談について次回ふれたいと思います。
ただし、あまりオープンにしたくない実務的な内容なので会員専用にします。

と書いたところで、1年ほど前に5000円分の食事券欲しさに入会したイオン系列の「ワタミふれあいカード」を解約するつもりだったのに忘れていたことを思い出しました。2年目から年会費が必要だったかもしれないと思い、急いで確認しましたが、年会費無料でした。よかった。入会時特典満載の初年度年会費無料のカードはこういうことがあるので別の意味で怖いですね。ちなみにこのカードは誕生月に1000円の食事券が送付されます。来月だ。ラッキー。しかも、まるまるワタミで金券に使えます。ちなみに、夕食代わりに1000円分を1人で何度か行きました(居酒屋に1人で行くのはちょっと苦手)。家族4人で食事に行き、1人1000円まで使えるので、4080円ほどの食事して、80円で済ませたこともあります。
話がそれてしまいましたが、クレジットカードを使い慣れてたり、ネットのキャンペーンを活用したりするスキルがあれば、面白いです。

さて、数あるカードの中でおすすめするカードを紹介します。
楽天カードです。
8秒に1人申し込んでいるというCMを流しているカードです。
入会時に2000円分、キャンペーンエントリーで1000円分、1回使用で2000円分の合計5000円分の楽天ポイントがついてきます。頻繁に増額キャンペーンもやっています。

楽天カードを作成する → 入会時に付与される楽天ポイントでネット通販を何度か体験する → 商品購入時の表示やメールを確認する → 楽天カードを使いこなす
この体験から、ネット通販でのポイントがいくつも学ぶことができます。入会特典を使えば無料で何度かネット通販を体験できます。書籍を購入するのがいいかもしれませんん。
なお、前提として楽天会員にならなければならないのでメールアドレスが必要です。メールアドレスを持っていない場合や、楽天専用のフリーアドレスを使いたい場合などは別途アドレスを取得してください。ネットに慣れていない人にはハードルが高いかもしれませんが、ぜひトライしてください。ちなみに、めちゃくちゃメールがきますので、楽天専用のフリーアドレスを作ることをおすすめします。フリーアドレスの取得については古いですが記事にしています。ただし、gmailについてかなり改定されていますので、近々記事を更新したいと思います。

すでにカードをお持ちの方も「楽天カード」を申し込んでみませんか。
楽天のメール戦略やポイント戦略が分かってきます。
宣伝メールがたくさんくるようになり迷惑だ、など、それが原因の消費者トラブルもあります。
そのときは、あーあれはこういうことだなと分かりました。注文時のメールの承諾のチェック欄ですね。
実際に、楽天カードを例にして、どのようなメリット・デメリットがあるのか、画像で示しながら解説したいと思います。

楽天カードの申込は ↓ からです。
ちなみに、このバナー広告はアフィリエイト広告になっており、ここから入会いただきますと私に1500ポイントの報酬がもらえます。
このアフィリエイトに関しても過去に解説したことがあります。
なお、やたらとおすすめされるプレミアムカードは会費がかかるのでノーマルの楽天カードを申し込みます。
基本は5000ポイントですが、増額されているときがチャンスです(スーツ専門店の閉店セールのように常に増額をしているような気がしますが)。
とにかく、実践して体で(?)頭で(?)覚えてほしいです。

ちなみに、「日経トレンディ」という月刊雑誌では「最強クレジットカードはどこだ」という特集を頻繁にしています。
楽天カードは常に上位に位置します。
マイルをためるという点で見ればほかのカードもありですが、カードの使用頻度が低ければ、選択肢から外れます。

ほかのおすすめカードとすれば、ヤフー系列のカードで、Tポイントとヤフーポイントが共通利用できるようになって、利便性がかなりアップしました。
ヤフーで買い物をすることが多い場合は選択肢になると思います。
ポイント還元率が高い「ヤフーJCBカード」が強く勧められていますが、2年目からは年会費が必要です。20万円以上利用すれば無料になりますが、公共料金等の支払いをしていれば別ですが、ハードルが高いですね。2014年1月より年会費無料になってました。5月末までは5000ポイントのキャンペーンをやってるので早速申し込みました。
また、一般のカードは500ポイントごとにしか使用できなかったりポイント利用の利便性が低いです。
今のトレンドは少ないポイントでも、いつでも街中の提携店での買い物に使用できるTポイントの流れです(楽天も最近はじめましたがまだ追いついていません)。。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク