幸せになる方法

カテゴリー:雑感日記 投稿日:
科学的に証明されたハッピーな人間になるための13の方法(2013年07月06日)
http://gigazine.net/news/20130706-13-ways-to-be-happier-person/
GIGAZINE(http://gigazine.net/)より幸せを感じるポイントは人それぞれ違いますが、もしハッピーになる方法があれば誰もが実行したいと思うもので、実際に心理学者や、神経科学者たちが実験や研究を重ねて幸せになる方法を探していました。そんな科学的に証明された幸せになれる方法を、Business Insiderが「幸せになるための13の方法」として公開しています。

◆01:他人のためにお金を使う
◆02:毎晩その日に起こった幸せな出来事3つを書き留める
◆03:新しい事に挑戦する
◆04:楽しみは後にとっておく
◆05:青い色を見る
◆06:達成する目標をセットする
◆07:自分の意見に固執せず、他人の意見にも耳をかたむける
◆08:教会に行く
◆09:毎晩少なくとも6時間の睡眠をとる
◆10:通勤時間は20分以内
◆11:良い友達を10人以上持つ
◆12:悲しいときでも幸せなふりをする
◆13:恋人や結婚相手を見つける

それぞれの項目について、簡単な解説と論文の出典などが紹介されています。
アメリカの話なので、「教会に行く」というのは、アメリカらしいですね。
気軽に占い的に考えると、「なるほど」と思うことがあります。
確かに、幸せになれそうだなという気がします。
では、自分自身がどれぐらい当てはまっているでしょうか?
私は片手にも満たない結果でした。
やろうと思えばできるような気がしますが、こんな言葉を思い浮かべました。
「したい人、10000人。始める人、100人。続ける人、1人。」(中谷彰宏)
自分自身が幸せであれば、周りの人も幸せな気分にすることができますよね。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク