相談員の募集記事から(報酬について)

ワーキングプアーとも言われている相談員ですが、ふと国民生活センターの各地の相談員の募集を見てびっくりしました。

東京都練馬区のの相談員の募集ですが、

勤務日
月曜日から金曜日で週4日
時間
午前9時から午後5時のうち6時間
報酬
日額1万6千500円 ※交通費支給、社会保険あり

日給16500円というのは、なかなかありませんね。
この半分以下というのがザラですので。
1日6時間勤務なので、単純計算で時給2750円です。
そういえば毎年報告される全相協の相談員の実態報告には報酬も調査されていたなあと思い全相協のHPをチェックしてみました。

全国消費生活相談員協会会員実態調査報告書

[掲載日時: H24.01.25 ]
平成23年9月に行った第10回目の調査報告です
http://www.zenso.or.jp/files/kaiinjittaityosa201109.pdf(PDF形式:1117KB)
報酬関係は13ページから

14ページに月給・日給・時給の一覧表が掲載されています。
15ページにすべてをあわせて時給換算した表が掲載されています。
最低705円、最高3922円です。
一番多い時給帯は1200円から1500円で3割を占めています。
2000円以上は約15%です。

紹介した練馬区の例だと、週4日→月16日→年約200日として16500円をかけると330万円ですね。
「それでも330万しかもらえないのか」と考えるか、「週4日で330万ももらえるとはうらやましい」と考えるかは、それぞれでの考え方次第ですね。
結局は、正規職員と非正規職員との報酬は2倍以上ということですね。
ただし、採用プロセスが全く異なっているので比較は難しいともいえます。

相談員資格の見直しが検討されていますが、根本的に発想を変えなければいつまでも同じ状況だと思います。

この記事にはコメントを記入することができます。コメントを記入するには記事のタイトルかコメントリンクをクリックして単独で記事を表示してください。
スポンサーリンク