笑ってますか?

カテゴリー:雑感日記 投稿日:

久米宏の経済SP「東京って幸せですか?」という番組がテレビ東京で放映されていました。
http://www.tv-tokyo.co.jp/kume-keizaisp/
2011年12月18日(日)第4弾のテーマは「東京って幸せですか?」

その中のひとコマです。

鹿児島と東京の女性60人に2分間で自画像を書いてもらいました。
その自画像には明らかな違いがありました。
笑顔の表情を書いた数が圧倒的に東京より鹿児島のほうが多かったのです。
東京ではぶすっとした顔が多いのです。

これは何を意味するのかは想像できると思います。
ちなみに、この数の自画像を書いてもらうのに鹿児島ではわずか2時間で集まったのに対して東京ではなかなか集まらなかったとのことです。

その後、久米さんが東京から離島に移ったOLに同じように2分間で自画像を書いてもらった映像が流れました。
その自画像は満面の笑顔でした。
この自画像を見て、ボロボロと涙が出てしまいました。
この自画像が目に焼きついています。

予想が付くとはいえ、こんな結果を見せ付けられると、せつないですね。

東京への憧れ、いや都会への憧れというのは遠い昔話になってしまったのかもしれません。
今の20代にとっては不景気の中をそのまま生きてきたし、バブル崩壊で東京でも派手さはなくなってきました。
おまけに阪神大震災や東日本大震災などの心の傷も受けています。

バブル真っ只中では、東京ラブストーリーなどのトレンディドラマが流行し、クリスマスには男性は女性にお金をつぎ込むのが当たり前。ゲレンデは華やかでユーミンや広瀬の歌がバックに流れ、ディスコでは派手に踊りあかし、いい意味でも悪い意味でも二度と来ない日本の究極の最高地点だったかもしれません。

消費者センターという職場はなかなか笑顔が見られる現場ではありません。
相談員も笑顔で対応するわけにはいきません。
唯一、最後にあっせん解決すれば笑顔が見られます。
この笑顔のために相談員はがんばっているのかもしれません。
ただ、被害から救われてよかったという笑顔よりも、もっと違う日常の笑顔が欲しいと思います。
悪質業者は徹底的に駆逐されるべきです。

笑顔は幸せのあかしです。
みなさん、笑顔を忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク