見守り新鮮情報より

カテゴリー:トレンド情報 投稿日:

国民生活センターのメールマガジン
見守り新鮮情報
第103号
環境保護にもなるもうけ話?水源地の権利を売ります!買います!
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/mj_mailmag/mj-shinsen103.html
http://www.kokusen.go.jp/mimamori/pdf/shinsen103.pdf

「えび」やら「レアアース」やら話題になれば次々と詐欺が発生しますね。
詐欺商法はまさしく時代の最先端を行くと感心してしまいます。

「水源地の権利」がなぜ話題か?知っていますか。
その背景をきちんと知っておく必要があります。
私もテレビからの情報ですがメモしておきます。

日本の山が中国資本によって買われているようです。
山といっても水源いわゆる「水利権」のある山です。
山の持ち主氏は相続するのに税金の優遇がなく払えません。
(一方、農地の場合は優遇措置があるので土地を手放さずにすみます)
そんなところに、中国資本が良い条件で山を買うことを持ちかけます。
税金が払えないので売るしかないので売ってしまいます。
また、山は売らなくてもいいので、水利権だけ売って欲しいという話もあるそうです。

背景として、水ビジネスが関係しそうです。
中国では良質な水がなく、不足しています。
経済発展とともに、将来、良質な水が相当量必要とされるかもしれません。
今のうちに良質な水のある日本の山を買っておこうということです。

そんなわけの分からない中国に買われては大変だ、ということで断る持ち主もいますが、結局は税金が払えないという現実があります。
市民運動のような形で団体に買い取ってもらう、ということが現実にあるようです。

私も受け売りの話ですが、ある程度は考えられることですよね。
そこを逆手にとった商法です。
信じる人も多いと思います。
詐欺ではない、本当に水源を守るためのものであればいいのですが、残念ながら詐欺ばかりですね。

農業は保護しているのに、山は何も保護してくれない「日本政府」
以前はアメリカ人に買いあさられてた日本ですが、今後は中国人に買いあらされる可能性が高いですね。
なげかわしい日本ですね。
中国、水ビジネス、先見のある方なら本物のビジネスに手を出してもいいのではないかとも感じます。

こんな話を知っていましたか?
私は意識せず何気ない日常から知った話です。
知らぬ間に、自然と耳に入ってくる、日々勉強ですね。
こういう相談があったときにも、背景を知っておくとあわてなくてすみます。

(平成22年2月18日 初稿)
Copyright c 2010- 消費生活相談員スキルアップ講座 窶錀 All Rights Reserved

スポンサーリンク