TIPS その1

カテゴリー:TIPS 投稿日:

今日テレビを見ていたら、「百聞は一見にしかず」ということわざの続きがあるという話をしていました。
その続きは、「百見は一行にしかず」です。
意味は、100回聞くより1回見るほうが分かる。そして、100回見るより1回体験するほうがよく分かる。
なるほどですね。

そしてネットで調べてみると、この2つの間に、もう1つあるようですね。

百聞は一見にしかず
百見は一考にしかず
百考は一行にしかず

100回聞くより1回見るほうがわかる
100回見るより1度考えるほうがわかる
100回頭で考えるより1回行動したほうがよく理解できる

3つ並ぶとくどいような気がします。
「百聞は一見にしかず」「百見は一行にしかず」のほうがしっくりきます。

相談現場における知識の習得と同じです。
どんな解説書をたくさん読んでも、どんな先生からたくさん話を聴いても、1回の実際の体験には及ばない、ということですね。
このことは、すでに何度も説明しているところです。

この講座では、実際に直接説明する機会がなくても、体験実践できるメニューを用意しています。
見て読むだけでなく、実践を通じて、スキルアップをはかっていくことが目的です。
すでにいくつかの実践を紹介しており、会員向けには、さらに突っ込んだものも考えています。
ぜひ積極的に参加してください。

(平成23年4月19日 初稿)
Copyright c 2010-2011 消費生活相談員スキルアップ講座 窶錀 All Rights Reserved

スポンサーリンク