「すぐやる」術のすすめ (日経産業新聞2011/2/3より)

カテゴリー:ビジネススキル記事 投稿日:

日経産業新聞はビジネススキルの記事が頻繁に掲載され、とても参考になるので紹介します。
「すぐやる」術のすすめ (日経産業新聞2011/2/3より)

①なぜすぐやれない人が多いのか
→完璧を目指してしまうから
ビジネススキルの現場での事例があげられています。
・まず取りかかり、上司らに状況を逐次報告することが大事
・相談しながら修正することで結果的にいいものができる
・できが良くて遅いより、できが悪くても早いほうがいい
など
【参考書籍】
「とにかくすぐやる人の仕事の習慣」
著者:豊田圭一、定価:1344(税込)、発行日:2010/03/11
アマゾンはこちらから
楽天ブックスはこちらから

②行動が停滞している人が多い
→そういう人に足りないと感じているのは「経験」
失敗するほど成功確率は高まる
諦めずにやってみると、適応できたり助けてくれる人がいたりと、困難と思っていたことでもできてしまうことも多い
なせばなる
【参考書籍】
「考えすぎて動けない人のための「すぐやる!」技術
著者:久米信行、定価:1,260(税込)、発行:2008年8月
アマゾンはこちらから
楽天ブックスはこちらから

※コメント
ビジネス現場を想定しているので、相談現場と同じとは限りませんが、とにかく、思い立ったら「すぐやる」ということを心がけてください
この研修に行きたいと思ったら最優先して参加。
興味のある本があったら即効で購入。
疑問点があったらすぐに調べる。
私もそうですがなど、先送りにしたら絶対にできなくなります。
思い立ったが吉日。
やろうと思ったときが、やり時です。

スポンサーリンク